しましま猫の日記

ご訪問ありがとうございます。植物と生きものと物作り大好き人間の日記です。とても偉そうなことを言って申し訳ないのですが、当ブログの内容を利用してアレコレして下さる場合は引用元をちょこっと書いておいて頂けると大変喜びます。

ニチニチソウとチアとストームグラス

ニチニチソウCatharanthus roseus

 涼しくなってから、自分だけでなく(笑)植物も急速に活気づいています。やっぱり今年の夏は植物にも過酷だったんですね。

     f:id:goldfrog:20181015124620j:plain

 ニチニチソウがその名の通り次々に花を咲かせ始めました。鮮やかな赤色が何とも愛らしいです。こんなにたくさんの花をつけるエネルギーはどこからくるんでしょう。そういえば、ニチニチソウには抗がん効果を持つものがあるとか。

 ニチニチソウwikiでチェックしたら、キョウチクトウ科なんですね。これもへえ〜です。私が知っているキョウチクトウは木で、毒を持っている植物。以前は庭に生えていたのですが、切られてとうとう枯れてしまいました。かわいそうだったな。

 キョウチクトウにもニチニチソウにもアルカロイドが含まれているんだそうです。アルカロイドはさじ加減で毒にも薬にもなりますね。時々ね、思うのですよ。生き物がかかる病気には、効果がある何かしらの植物が必ず存在するんじゃないかって。古代中国の伝説の皇帝、薬草の神様とされる神農は植物の薬効を調べるために自らの体でテストしたと言われていますが、タイムマシンがあったらお手伝いに行きたいな(笑)。私はヘタレなので毒にあたりたくないですけれど😅

チア

     f:id:goldfrog:20181015130246j:plain

 夏バテで、写真に写っている部分より下は葉っぱがほとんどないチアです。中央にあるのは・・・花芽かな? 咲いてくれるといいのですが。

ストームグラス

 朝の気温が20度位になったら、以前作ったストームグラスの結晶が自然に出始めました。

   f:id:goldfrog:20181015130509j:plain

 冷蔵庫で冷やすのとは違って、長いシダ状になっています。

 f:id:goldfrog:20181015130633j:plain

 冬になったらもっと大きな結晶に育つと思います。

 

藤澤樟脳 252g (7g×36個)

藤澤樟脳 252g (7g×36個)

 
藤澤樟脳 和服しょうのう 140g (7g×20包)

藤澤樟脳 和服しょうのう 140g (7g×20包)

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

 

サボテンと芙蓉

機種変更

 先日、長年使った携帯のnexus 5Android oneに変更してきました。nexusシリーズはタブレットも好きで

 

goldfrog.hatenablog.jp

  nexus 7は今も愛用しています。2012年機で今やシステム更新もストップしていますが、家事をしながら音楽やインターネットラジオを聞く用途には十分です。

 

 しかしAndroid one、一応google純正なのにカメラ機能がよろしくありません。特に接写気味だと狙った所にフォーカスしないし手ブレもひどいし、おまけに何故そっち向きになるんだ💢という方向へ写真が勝手に縦横回転してしまいます。設定を変えても直りません😩Android安価モデルだから仕方ないのかな。別のカメラで撮ろう・・・

クジャクサボテン

 何とか2018年の酷暑を生き延びてくれたクジャクサボテンです。涼しくなってから急に黄緑色の芽が伸びました。冬の寒さにも夏の暑さにもあまり強くない気がします。

 

     f:id:goldfrog:20181009113550j:plain

 もう20年以上前に頂いて、挿し芽しながらそばにいてもらっている鉢です。以前は放置気味だったのに鮮やかなフクシア色の大輪の花を咲かせてくれたのですが、ここ10年程は全く咲いてくれません。何が足りないor与えすぎなんだろう、サボテンに詳しい方がいらしたらアドバイスを頂きたいです。冬の水やりを完全にやめればいいのかな・・・

 クジャクサボテンの花も強い香りがします。あれ、甘い匂いが流れてくると気づいて見に行くと咲いていた、ということもありました。

     f:id:goldfrog:20181009105715j:plain

   🔺花の写真はwikiクジャクサボテン属 - Wikipediaから拝借いたしました。うちのはもっと紫色&真っ赤です。

 

セレウスサボテン

 電磁波を吸収するとかでいっときブームになったサボテンです。以前水をやりすぎて枯らしそうになったので、今は控えめにしています。しかし割とすぐに水不足になってシワシワしてくるため、私にとっては加減が難しい相手です。

     f:id:goldfrog:20181009113556j:plain

 調べたらメキシコ原産とのことで、空気の乾いた土地と湿潤な日本では勝手が違うのかもしれません。でもなー、種類は違うのでしょうけれど、同じ市内では野外に大きな野良サボテンも生えてるんですよね・・・

 そういえば静岡の浜岡市海沿いでウチワサボテンっぽいのが道路脇に群生してる(もちろん野外)のを見かけた記憶もあります。日本で屋外に放置しても大丈夫なサボテンがあるんですね。

 

 芙蓉

 家の隅に今咲いているアオイ科フヨウ属の芙蓉(Hibiscus mutabilis)です。あっ、学名がHibiscus、ハイビスカスだ! ハイビスカスと親戚なんですね! 言われてみれば花の質感や雌しべ&雄しべが似ています。

     f:id:goldfrog:20181009113603j:plain

 環境にやさしい紙の原料として知られる

ケナフ - Wikipedia

も親戚なんだそうです。知らなかった〜。学名に注目すると発見がありますね。
 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

 

静岡市 駿府城

駿府城

 10月なのに何でしょう、夏の暑さ! たまらず家ではエアコンを入れました。暑いのはわかっているのに静岡県静岡市葵区の中心部にある駿府城に足を伸ばしてきました。

 駿府城徳川家康公が晩年を送られたお城です。今は駿府城公園として家族連れの憩いの場になっています。

 天守閣などは現存していませんが、堂々たる東御門(ひがしごもん)と巽櫓(たつみやぐら)が復元されています。ここを通るとつい、裃をつけた武士のような気分になります。きっと江戸時代にはお武家さんが行き交っていたのでしょうね。

 

 かんじんの東御門の写真を撮り忘れました・・・

f:id:goldfrog:20181007151456j:plain

雲ひとつない空。のんびりした公園です

発掘中

 しばらく前から天守台が発掘中で、私も発掘作業に参加したい😍と思っていたのですが、この夏の暑さですっかりバテて望みを果たせず今に至ります。

f:id:goldfrog:20181007151508j:plain

天守台発掘中の囲いが

f:id:goldfrog:20181007151503j:plain

今日は誰もいませんでした。残念。

 中心部のオフィス街からわずかに外れた静岡県県庁裏で発掘作業が進行中です。涼しくなったらぜひ、発掘のお手伝いに参加しようとワクワクしています。

 

家康公像

 真っ青な空を背景に立つ、鷹を手に止まらせた家康公の像です。家康公は鷹狩がお好きだったんですね。実は駿府城の近くには「鷹匠」って名前の町があるんですよ。他にも「紺屋町」(藍染の職人さんがいたのだと思います)とか「銭座町」(貨幣を鋳造していた)とか、江戸時代の城下町を彷彿とさせる町名がいくつも残っています。

 その昔の賑わいを想像すると楽しいです。静岡育ちの女性の中には、今も駿府城周辺の中心街を古風に「おまち」と呼ぶ人もいます。

f:id:goldfrog:20181007151459j:plain

家康公と鷹

  きっと天国でお好きな天ぷらをたらふく召し上がっておいででしょう😆

引退したとはいえ紛うことなき権力者でしたから、駿河湾で取れた魚の天ぷらも大急ぎで運ばせて調理されたんでしょうね。 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

パラゴムノキの種

パラゴムノキ

 百均で見つけたパラゴムノキの種を育ててみようと思います。

     

     f:id:goldfrog:20181004205914j:plain

 パラゴムノキHevea brasiliensis)はトウダイグサ科パラゴムノキだそうです。

パラゴムノキ - Wikipedia

 

 よく観賞用に販売されているゴムノキはインドゴムノキFicus elastica、クワ科イチジク属)なんだそうです。

インドゴムノキ - Wikipedia

 

 ゴムの木、というとラテックスが取れる樹の総称を指すそうで、調べるまでゴムが取れる木の種類が複数あることすら知りませんでした。しかもパラゴムノキとインドゴムノキは「科」すら違うんですね。それでも両方ゴムが取れるんだ・・・人生勉強ですね〜。

 

種を植えます

 最初からつまずきました。種の扱いが分かりません。ググる

www.marcheaozora.com

 こちらのサイトさんを発見しました。種を土に埋める前に、発芽を促すために殻の上下に穴を開けるとあります。

 

 小さいノコギリで中身を傷つけない程度に穴を開けようと思ったんですが・・・

     f:id:goldfrog:20181004205911j:plain

 全く歯が立ちません。非常に固いです。手を滑らせたら怪我をしそうです。

     f:id:goldfrog:20181004205908j:plain

 ならばピンバイスで、と思ったのですが、これも難儀しました。ようやく下の方、多分親木とつながってる部分じゃないかな、そこだけが妙に柔らかいことを発見して穴を開けることができました。

     f:id:goldfrog:20181004205906j:plain

 一箇所しか穿孔できませんでしたが・・・まあいいか・・・

 植物が発芽する時の力ってすごいですよね。アスファルト舗装を割って顔を出したりするし、これも大丈夫だと信じます。

 

     f:id:goldfrog:20181004205903j:plain

 種が大きいので(うずらの卵くらいあります)、「種を蒔く」ではなく「植える」「埋める」という感じです。あとは水気を切らさないように注意して見守ることしかできません。発芽してくれるといいのですが。

 育つと30m位になるらしいのですが、まあそうなったらそうなったで(笑) 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

ホワイトボードノートの代わりに使えるもの

 今回はなんだか自分でもよくわからない内容です😅 面倒くさい奴だな〜と思ったらスルーして下されば幸いです。

文房具好き

 私は文房具が大好きです😆 遺伝したのか娘も私を超える文房具好きで、パンパンに膨れた大きめのペンケースを4つ位持っています。フリクションペンやコピック、サラサペンなどが収納されていて、手は2本でしょうに、どれも必要なんだそうです(笑)。

 

 私が今気に入っているシャープペンは「オ・レーヌ シールド」というプラチナのシャープペンで、百均セリアで見つけました。

     f:id:goldfrog:20180930161302j:plain

 

 ペン先の機構が工夫されているため芯が非常に折れにくく、やっぱり百均で買ったシャー芯を入れて多少力をかけても全然折れません。百均のシャー芯は大体ポキポキ折れるので閉口するんですけれど。

     f:id:goldfrog:20180930154651j:plain

 学生時代はマークシート(懐かしい・・・もう出会いたくないけれど)の塗りやすさを重視して、重めでペン先がしっかりホールドされる製図用のシャープペンを常用していました。しかしこの歳になって、百均で、持った感触も書き心地も自分好みのシャープペンに新たに出会おうとは。

 

 日本の文房具はすごいですね。以前買ったクルトガは割とすぐに歯車部分が壊れて回転しなくなっちゃいましたが、きっと今は改良されていると思います。カチカチとノックする度に歯車が回っていく様子は見ていて楽しかった・・・

  

 で、先日Amazonで文房具を見ているとnu board(ヌーボード)というとてもスマートなノートが目に入ってきました。

nu board(ヌーボード)とは

 ホワイトボードをノート状にして持ち歩けるようにしたもの、だそうです。ホワイトボード用ペンを使えば何度でも消せるし、商談でもさっと図解すればクライアントさんにも分かりやすく説明できそうです。 

Amazon限定 nu board (ヌーボード) B5判 NAB503BK08

Amazon限定 nu board (ヌーボード) B5判 NAB503BK08

 

  ページの間には透明シートが挟まっていてインクが余計なところにつくのを防ぐほか、透明シートに重ね書きしてアイデイアを加えることもできるんだそうです。

  すごく便利ですが、お値段がけっこうします。きちんと作られたいいものだから当然なんですけど。

 

百均で見つけたもの

 先日、買い物ついでに百均で文房具を見ていたら、可愛らしいシール帳を見つけました。     

f:id:goldfrog:20180930155020j:plain すごくファンシー(笑)

 シールを貼ってはがせるように表面がつるつるしています。中身も女の子向けにめっちゃラブリー。

    f:id:goldfrog:20180930154929j:plain

 これ、ホワイトボードノート代わりに使えるんじゃないかな?

     f:id:goldfrog:20180930154932j:plain  

 ホワイトボード用マーカーで書いてみます。

     f:id:goldfrog:20180930154934j:plain

 気持ちよくインクが乗ります。次にティッシュでこすってみます。     

     f:id:goldfrog:20180930161757j:plain

 消えますね。

     f:id:goldfrog:20180930154939j:plain

  キレイに消えました。

シール帳の新たな用途・・・?

 Sサイズだし模様が可愛すぎて、仕事場では出せないし商談には使えないけれど、 お出かけ先のお子さんの落書き帳やとっさのメモ書きには十分じゃないでしょうか。nu boardもどきのファンシーなノートということで・・・

 しかしふと我に返ると何をやってるんだろうと思います・・・

 

(百均に紙製の無地ホワイトボード売ってるんですね。色々利用できそう。ググったらシール帳のアイディアをずっと前にyoutubeに公開なさっている方がいらっしゃいました!)

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

 

ダイソーの石膏アロマプレート 2

アロマプレート製作の続きです

前回まで

 

goldfrog.hatenablog.jp

 

 水を加えた石膏をシリコンモールドに流し込みました。ちょっとプラカップに石膏が残ってしまいました。

   f:id:goldfrog:20180927112648j:plain  

 石膏10g、水3mlで作るとモールドの縁までちょっと届かないかな、という絶妙な量です。モールドを作る方も調整に時間をかけていらっしゃるのでしょうね。すごいなあ。

 

モールドから抜きます

 急いで抜いて壊すのも嫌なので、一晩おいて確実に固めました。ほんとに気泡が入っていません。表面がキレイにできてます。

   f:id:goldfrog:20180928150743j:plain

 モールドからの抜けもいいです。スムーズにつるんと取れます。

   f:id:goldfrog:20180928150917j:plain

 バラの細部まできれいに石膏が入っています。石膏の進化すごい!

     f:id:goldfrog:20180928151041j:plain

 ただ、惜しむらくは周囲を囲む丸い極小のくぼみに石膏が行き渡らなかったようです。ところどころ凹んじゃってますね。最初に爪楊枝の頭などで入れ込むようにしたほうが良かったかな。

リボンを結んでみました

  f:id:goldfrog:20180928151306j:plain

 赤いリボン(石膏プレートの穴が小さいので細くないと通りません。写真のリボンは5mm幅です)を通してみました。あとは裏に好きなエッセンシャルオイル/アロマオイルを垂らせばできあがりです。プレートの出来上がり直径は約5cmでした。

  バラの花も思った以上に立体感があります。モールドと石膏、216円(税込)でこれだけ可愛らしいものができれば十分です。石膏を測って溶いて流し込む作業も全部で30分かかりませんでした。

 いくつか作って香りを変え、あちこちに置くのも楽しいかもですね。私は真っ白なままがアンティークっぽくて好みですが、絵の具で色をつける手もありますね。

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ダイソーの石膏アロマプレート 1

ダイソーの手芸コーナー

 百均のクラフト、驚きの新製品が並んでいます。ダイソー石膏アロマプレート用のシリコンモールドを見つけ、つい買ってしまいました。

   f:id:goldfrog:20180927105940j:plain

    f:id:goldfrog:20180927110023j:plain

 可愛らしいバラ模様のモールドです。

作ってみます

 石膏を使うのは久しぶりです。小学生の時に工作で使いましたが、いくら静かにかき混ぜても気泡ができてしまって扱いに困った記憶しかありません。今回はどうかな。

石膏の量と水の量

   f:id:goldfrog:20180927110903j:plain

    f:id:goldfrog:20180927110959j:plain

 モールドの説明書きには石膏10gを使うとあります。水の量は書かれていません。石膏の袋裏を見ると「100gに対して水30ml」と説明されています。

 ということは、このモールド10gには水3mlですね。3ml、どうやって測ろうかな。

     f:id:goldfrog:20180927111718j:plain

 キッチンの引き出しをゴソゴソ探して咳シロップかなにかの計量カップを見つけました。1ml単位の目盛りがついているのでこれを使います。

 

石膏と水の量を測って混ぜます

     f:id:goldfrog:20180927111914j:plain

 使い捨てのプラカップを利用します。石膏10.0g、これに水3mlを加えます。

     f:id:goldfrog:20180927112101j:plain

 水が少ないんじゃない?と思いましたが全然そんなことありませんでした。

     f:id:goldfrog:20180927112127j:plain

 気泡ができないように静かに混ぜます。ここで驚いたのですが、石膏スラリーの質感が昔と全く違います。極めてダマになりにくく、気泡もほとんどできません。石膏なんて基本的な素材も進化を遂げているんですねー。しかもそれを百均で買えると。いやあ・・・

     f:id:goldfrog:20180927112648j:plain

 モールドに流し込みました。立体的なバラの花弁は繊細な作りなので、なるべくモールド細部の隅々まで行き渡るように軽く指でトントンと振動を与えます。あとは一晩放置することにします。

 長くなったので後半は次に。

 

経験

 少ない経験上ではありますが、石膏もレジンも説明書に記されている素材の分量は守ったほうがよい結果につながるように思います。特に少量を作る場合はできれば0.1g単位まで測れる秤を使うほうがいいかも。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村