しましま猫の日記

ご訪問ありがとうございます。植物と生きものと物作り大好き人間の日記です。とても偉そうなことを言って申し訳ないのですが、当ブログの内容を利用してアレコレして下さる場合は引用元をちょこっと書いておいて頂けると大変喜びます。

ダイソーの石膏アロマプレート 1

ダイソーの手芸コーナー

 百均のクラフト、驚きの新製品が並んでいます。ダイソー石膏アロマプレート用のシリコンモールドを見つけ、つい買ってしまいました。

   f:id:goldfrog:20180927105940j:plain

    f:id:goldfrog:20180927110023j:plain

 可愛らしいバラ模様のモールドです。

作ってみます

 石膏を使うのは久しぶりです。小学生の時に工作で使いましたが、いくら静かにかき混ぜても気泡ができてしまって扱いに困った記憶しかありません。今回はどうかな。

石膏の量と水の量

   f:id:goldfrog:20180927110903j:plain

    f:id:goldfrog:20180927110959j:plain

 モールドの説明書きには石膏10gを使うとあります。水の量は書かれていません。石膏の袋裏を見ると「100gに対して水30ml」と説明されています。

 ということは、このモールド10gには水3mlですね。3ml、どうやって測ろうかな。

     f:id:goldfrog:20180927111718j:plain

 キッチンの引き出しをゴソゴソ探して咳シロップかなにかの計量カップを見つけました。1ml単位の目盛りがついているのでこれを使います。

 

石膏と水の量を測って混ぜます

     f:id:goldfrog:20180927111914j:plain

 使い捨てのプラカップを利用します。石膏10.0g、これに水3mlを加えます。

     f:id:goldfrog:20180927112101j:plain

 水が少ないんじゃない?と思いましたが全然そんなことありませんでした。

     f:id:goldfrog:20180927112127j:plain

 気泡ができないように静かに混ぜます。ここで驚いたのですが、石膏スラリーの質感が昔と全く違います。極めてダマになりにくく、気泡もほとんどできません。石膏なんて基本的な素材も進化を遂げているんですねー。しかもそれを百均で買えると。いやあ・・・

     f:id:goldfrog:20180927112648j:plain

 モールドに流し込みました。立体的なバラの花弁は繊細な作りなので、なるべくモールド細部の隅々まで行き渡るように軽く指でトントンと振動を与えます。あとは一晩放置することにします。

 長くなったので後半は次に。

 

経験

 少ない経験上ではありますが、石膏もレジンも説明書に記されている素材の分量は守ったほうがよい結果につながるように思います。特に少量を作る場合はできれば0.1g単位まで測れる秤を使うほうがいいかも。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村