しましま猫の日記

ご訪問ありがとうございます。植物と生きものと物作り大好き人間の日記です。とても偉そうなことを言って申し訳ないのですが、当ブログの内容を利用してアレコレして下さる場合は引用元をちょこっと書いておいて頂けると大変喜びます。

コウモリモールドにネイルスタンプを組み合わせる

ネイルスタンプとレジンの組み合わせ

 ハロウィンぽいモチーフなので1週間早くに書きたかったのですが、間に合いませんでした・・・
 今回はコウモリモールドを利用してレジンでコウモリ本体を作り、その中にネイルスタンプを押して立体感&浮遊感を出してみようと思います。
 

リアルコウモリの赤ちゃん

 以前、実家でも茶トラの猫😼を飼っていました。ずいぶん昔のことなので家の外と中を自由に行き来させていたのですが、この猫がすごく興奮して帰ってきた事があります。
 グルグルとくぐもった唸り声を出しながら私の部屋の中をうろうろするので何事かと捕まえてみると、何か黒いものをくわえています。
 
 そ、それは何?とビビりながら取り上げるとなんと小さいコウモリの赤ちゃん! 甘噛みで連れてきたのでしょう、よかった、生きています。よく見るとお目々は真っ黒のビーズのようでクリクリ、かわいい顔です。
 
 猫にしてみれば「獲物」なのでしょうが、家で十分ご飯はあげていてお腹はすかせていないはず。勝手な人間目線ではありますが、コウモリベビーは保護して動物園に連絡の上引き取っていただきました。
 
 動物園のお姉さんはとても優しくて、私が布に包んで箱に入れたベビーを差し出すと「わあ💖・・・小さい💕」とニコニコしながら引き受けてくれました。あの時は動物園さんもお姉さんもご迷惑をおかけしました&ありがとうございました(本当に昔のことなので、今はお断りされるかもしれません)。
 
 あれ以来、私の中でコウモリは「可愛いもの」となってしまいました。都会でも夕暮れ時にはひらひらと空を舞っていたりしますから、意外に身近な生き物なのかもしれません(野生動物ですから思わぬ病原菌を持っている場合もあるので、積極的に捕まえたりは禁物です)。
 


1)土台のコウモリを作ります

 コウモリモールドはおなじみ百均のセリアで買いました。ちゃんとコウモリの形になってますね😁ちょっとダークなイメージを想定して、紫のレジンを途中まで流し込みます。
 
 

2)モールドから外します

 半分くらいまでレジンを入れて固め、いったん取り出します。
 
 

3)ネイルスタンプを押します

 ダークムードにふさわしいスタンプを選びます。これも「春の歌」さんから購入したネイルプレート。どれがいいかな・・・結局、大きさ的にもハロウィンモチーフの「R.I.P.(Requiescat in Peace, 安らかに眠れ)」が記されたトゥームストーンがよさそうなので、これをチョイス。
 
 
 黒いポリッシュでスタンプを押します。レジンはリムーバーで拭けるので、失敗したらリムーバーで消してやり直すことも可能。
 
 

4)スタンプを保護します

 スタンプを押せたら、一応綿棒で水性ニスを塗って保護します。やったことはないのですが、ポリッシュとレジンて合わせたら滲みますよね?
 


5)レジンを重ねます

 
 もう一度モールドに戻し、紫のレジンを上まで流し込みます。
 
 

6)硬化したところでヒートンを刺します

 

 スタンプをレジンの中に閉じ込めたことで、手の届かない悪夢っぽい感じが出ていればいいな。ヒートンを刺して、チャームかペンダントトップにします😊
 




(背景はダイソーのクラフト紙です)