しましま猫の日記

ご訪問ありがとうございます。植物と生きものと物作り大好き人間の日記です

レジンクラフト:青いラウンドカボション blue round cabochon

レジンでカボションを作る

 青いレジン液を使ってカボションを作ってみました。

 
 さて、ドラゴンズブレスという角度を変えると不思議な波模様が出るカボションがあります。これは手持ちのドラゴンズブレス。
 

 

 青いカボションもドラゴンズブレスっぽくなるように、底の方に凸凹のキラキラ感を出してみました。これを応用して海の底っぽいのも作ってみたいかな。
 
 ガラスのトンボ玉やビー玉もそうなのですが、透明なオブジェクトの中にに何かかすかな内容物があるものって、どうしてこんなに郷愁を誘うというか、心の奥にある何かをかきたてる、切ない感じになるんでしょう。
 
 かきたてられるものは人それぞれなのでしょうけれど。
 
 ガラスドームで絵を覆っただけでもなんだかアンティークな感じになりますね。気に入った絵にレジンをかければそれだけで雰囲気が出て一品になるし、だからレジンクラフトが人気なんでしょうね。
 
 昔は2液式エポキシを通販で買って、きちんと計量できていなかったのか、混ぜ方が足りなかったのか、「いつまでたっても固まらなくてベタベタ! 押すと柔らかくて凹んじゃう💦 どうしよう!」なんて失敗もしました。
 

初めて作ったレジンクラフト

 プロフィールのアイコンは、お気に入りのアロマボックスについていた陶板が割れてしまったために太陽のチャームとブリオンで代わりを作ろうと思い立って仕上げたもの。レジンを使ってみようと思いついたきっかけでもあります。
 
 
 本体が多分真鍮系の金属で作られていてアンティークな感じだったので、同様にちょっとアンティークな雰囲気を持つ金色のチャームを選んで固定して、やっぱり金色のブリオンを敷き詰め、分量を計って混合したレジンを上からそーっとかけました。表面張力でわずかにレジンが盛り上がる状態になるよう、ギリギリまでかけるのに苦労した記憶があります。
 
 今見ると稚拙なのですが、プラスティックっぽい細工を自分でできるなんて思いもよりませんでしたから、できたときは(やったー)という気持ちでした。
 クラフト楽しい。夢中になってると、嫌な事があっても忘れちゃう(^^)
 
(背景はダイソーのクラフト紙です)